リーダーは完全でなくても良い。何があって何が無いかを知っていればよいのである。

事あるごとに紹介しているが「俺は焼きそば焼けないからね」という故・渡辺英彦会長の言葉。

その変わりではないが、彼は、自分がフロントマンとして、ストーリーテラーとして、最先端の論客としてメディアに登場し、全国を飛び歩いた。

これは、地域おこしでもそうであるし、企業経営、組織運営でもすべて同様である。

リーダーは、完全でなくてもいい。誰が、どんな能力を持っているか居ないか、自分が何が得意で不得意か、ということを知っていればよいのである。

今日も、とある経営者団体の新年度会議で、グループのリーダーが「僕は行きがかり上今年度のリーダーになったけど、苦手でね。あれもこれも出来ないから」と前置いた上で、得意分野を持ち寄って、連携して会の目的を果たしていこう、と語ってくれた。

皆賛同して意見を出し合って、会議は大いに盛り上がった。

大切な本質は、日常のあちらこちらに転がっている。(田邉元裕)