しらけや無関心が何より怖い

愛すること愛されることは、素晴らしいことである。

何か理由があって、憎み憎まれることは、悲しいことである。

だが、もっと怖いことは「無関心である」こと。

まだ、憎まれている方がよっぽどましともいえる「無関心」。

「しらけ」もその部類に入るであろう。

笑うのでもなく、つまらないと批判するわけでもなく、ただ、しらっとしている。

肯定するのでも否定するでもない。

そこにコミュニケーション、心が入り込む余地がない。

逆を言えば、わたしたちは、常に、何かに関心をもって生きていたいものである。

しらけず、面白い、つまらないを、表現できる人間になりたいものである。