あなたの仕事を通じて人を幸せにする

富士宮市内の、とある農業生産者さんとお話をしてきました。彼は、その仕事に誇りと自信を持っていいます。周りから見ても、大人気の農場で、お客さんもひっきりなしです。何を心配することがないような、順風満帆に見えるその方でさえ「これでいいのかなあ」と不安に思ったこともあるといいます。経営はこれで良いのか、ひとの使い方、事業計画、課題はたくさん。周りのすごい経営者を見て、まだまだだなあ、と思うことばかり。

でも、比べても意味がなく、凹んでも一日が過ぎるし、笑っても一日がすぎる、だったら、一日を笑って過ごして、自信持って育てられるこの「○○○」を通じて、人を幸せにする!喜ばせる!俺はそれでいいんじゃん!と開き直ったら、とても気持ちがすっきり、視界が広がったといいます。

彼の言葉通り、そのお店に、農場に訪れる方々は、みな笑顔で帰っていきます。ここに、シンプルな原理があるように思います。

地域おこしも、いかに、地域の人を、または、訪れた人を楽しくさせるか、喜ばせるか、満足させるか、この基本の部分がとても大事です。周りの華やかにみえる部分に心がざわついて、おかしなことに手を出したり、本来のサービスの充実がおろそかになってしまったら本末転倒です。

あなたの仕事は、誰を喜ばせるのでしょうか。(田邉元裕)