【重要】一般社団法人富士宮総合研究機構 解散について

日頃は、本会へのご支援、ご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

さて、本会「一般社団法人富士宮総合研究機構」は、令和3年3月を持って解散することとなりました。

2009年の設立、2011年の法人化以来、約10年以上にわたり、地域の食文化・ブランド創造の発展に関する事業に取り組んできました。2020年3月には、一旦は解散を検討しましたが、支援団体の協力もあり1年の活動延長を行い、新型コロナ禍においても、安全性の確保、リスクを回避した形での富士宮元気バル、宮BBQの開催、おうちで御神火フェスティバル、中3エールプロジェクトなど、明るい話題を提供してきました。

しかし、新型コロナウイルス第3波の影響もあり、次年度の事業の実施の可能性が未知数であることから、3月に入り、3月8日の緊急の臨時社員総会にて解散を決議致しました。

なお、本会の清算人として田邉元裕が選任されましたので、清算に関するお問い合わせは清算人までお寄せいただけますよう、お願いいたします。長年に渡り、関係各団体の皆様に、多大なるご支援、厚情を賜りました事、心より感謝申し上げ、解散のお知らせとさせていただきます。

今後の事業の継承について

富士宮元気バル、宮BBQ、おうちで御神火コンテスト事業(開催の場合)、WEB活用事業、北部地域活性化事業、地域貢献事業は、任意団体
◆やさしいまちづくりの会 代表 稲葉美津恵(元理事)
◆フード&ネットワーク 代表 田邉 元裕(元理事長)
に承継されます。

そのほかの食に関するまちづくりは、関連団体とも協議して、必要に応じてお知らせしてまいります。
https://umya-fujinomiya.com