富士宮の市の魚といえば、にじますです!

知っているようで、知らないこともまだまだ多いこの食材。

ニジマスをよりよく知ってみようと、食材研究会を平成28年9月6日に開催!!

講師は、その道のプロのということで、富士養鱒場漁業協同組合の田中さん、そして伊賀さんにお越しいただきました。

ありがとうございます!

h280906-nijimasu-001

早く試食した-い!・・・という気持ちを抑えつつまずは、田中様からニジマスについて語っていただきました。

ニジマスが富士宮で活発に養殖されたのはやはり「水」です。富士宮は都心に近いこともあって、全国の中でも有数な生産地として成長していきました。

しかし、皮肉にも、行動経済成長期の中で、質より量が求められた時期があって、どちらかというとネガティブなイメージの強い食材になってしまったといいます。

成長期を過ぎ、バブルも崩壊し、「本物」「安全」「安心」が当然のように求められる時代になり、品質を追求した取り組みが始まりました。

h280906-nijimasu-006

今では、刺し身でも美味しく食べれる程、生産方法、管理方法、体制づくりが充実してきました。

また富士宮にじます学会の活動もあり、市の魚として認定されました。

あとは売るだけ!食べてもらうだけ!なんですが、どちらかというと都心など、遠方に出荷が多いため、地元での流通が少ないのが痛いところですが、それでも最近は「紅富士」というブランドを作り、飲食店を中心に普及し始めており、生産が追いつかないほどになっているそうです。

これは良いことですね。

h280906-nijimasu-005

みんな真面目に勉強です。

そしていよいよ試食。待ってました。うーん、いい艶です。

h280906-nijimasu-003

まずは・・・

h280906-nijimasu-012

しゃぶしゃぶで!!!

h280906-nijimasu-013

薬味としょうがにつけて・・・頂きます!うまいっ!!!!

h280906-nijimasu-018

次は、包み焼き・・・野菜とマッチしますね!

h280906-nijimasu-020

みんな食います。ひたすら食います。食いまくります。

しゃぶしゃぶも、焼きも、どっちもいけますね。

とにかくまあ、身が新鮮です。

h280906-nijimasu-023

今日は、オブザーバー参加で、ふもとも農園の田邉友章さんが畑から収穫したての野菜をたくさん持ってきてくれました。オクラを生でも食べられるんです!これまたうまいっ!(少し、つんつんしてますが)

ふもとも農園さん、ホームページはこちらです。上野地区で、有機農法で野菜を作ってます。通販もやってます。

http://fumotomo.com/

h280906-nijimasu-009

色とりどりの野菜。次回の食材は野菜でもいいかも!っていうくらい、ニジマスと野菜でフィーバーしました。

みんなハイテンション!そんなシーンを動画でとっておけばよかったと後悔(笑)

お酒飲まなくても、ハイになれるんだ!ということを知りました。はい。

h280906-nijimasu-025

しゃぶしゃぶに、ネギをぶっこんで、ニジマスとあわせてもうまし。

多分ね、これやばいです。

h280906-nijimasu-026

ちなみに、今日の影の立役者は・・・伊賀さん作の、特性味噌ダレ!これもまたうまい!!

画面だとそのうまさを表しきれないのが本当に悔やまれます。

h280906-nijimasu-027

講師陣含め8名のコンパクトな研究会でしたが、むしろ、コアな話を色々聞くことができて、参加者一同、充実の2時間でした♪

ここには書けない裏話も多いのですが・・・笑

h280906-nijimasu-028

望月史生副理事長の閉会の辞で終了です。

いやあ、やってよかった、オモシロイ!ウマイ!

また次回も総研は面白く楽しく、食文化をアカデミックに研究、実践していきます。

講師の富士養鱒漁業協同組合 田中様、伊賀様、本当にありがとうございました!

富士養鱒漁業協同組合 ホームページ

http://fujiyoson.com/